SodaPlanet

少数派だっていいじゃない 人生をゆるく楽しくカラフルに

【カビ・匂いを撃退】自分でかんたんエアコン掃除【送風ファン洗浄編】その2

では、送風ファンの洗浄作業をしていきます

こちらの記事は「エアコンの送風ファン」の清掃方法を紹介していきます。「エアコンの冷却フィン」の清掃方法をご覧になりたい方はこちらをご覧ください。

まず、ムース(STEP1)を使用します

必ず換気をして作業しましょう

f:id:zetumetu_hakase:20190815113206j:plain

注意:ノズル噴射ボタンを取り付けるときは「軽く差し込む」ようにしましょう

強く差し込むと、その勢いでムースが噴射されてしまいます

缶をよく振ってからスプレーします

場所を変えながら「まんべんなくスプレー」して、ファンの内部まで泡で満たします

f:id:zetumetu_hakase:20190815113728j:plain

スプレーし終わったら、スプレーのノズル先端でファンを押して「ゆっくり5~6回転」させます

このまま20~30分放置します。この間、時々スプレーのノズル先端でファンを回転させると効果的です

f:id:zetumetu_hakase:20190815114904j:plain

ホコリやカビが流れていきます

これを見ただけでも「定期的なエアコンの掃除って大切」って思いますよね・・・

30分経過しました

リンス(STEP2)で泡を洗い流します

f:id:zetumetu_hakase:20190815115739j:plain

注意:「リンス STEP2」は振らずに使用します
ついクセで振りそうになるので注意!

f:id:zetumetu_hakase:20190815120042j:plain

冷却フィン洗浄のときもそうでしたが、少し泡が残ってしまいました

なので、再度「蓄圧式スプレー」の出番です

f:id:zetumetu_hakase:20190815120334j:plain

振り子タイプの吸い上げホースが「自由に曲がる」ことで「どんな角度」でもスプレーできます

【マルハチ産業】ちょっとしたガーデニングにも
水を入れて完全に泡を流します

f:id:zetumetu_hakase:20190815120914j:plain

スッキリしました

しずくが垂れてくるので、5分程放置します

ルーバー(吹き出し口)を手で閉じてから、コンセントを差し込みましょう

f:id:zetumetu_hakase:20190815122451j:plain

拭きだし口の前にタオルを当てて、しばらくエアコンを送風運転します

f:id:zetumetu_hakase:20190815123255j:plain

説明書には「10秒程度」とありますが、しずくが飛び散らなくなるのを確認できるまでやったほうがいいと思います

洗浄液回収用のビニールや新聞紙などを回収し、雑巾で「吹き出し口付近」を拭き取りキレイにして終了です

お疲れさまでした!

では、最後に洗浄前と洗浄後を比較してみましょう

f:id:zetumetu_hakase:20190815131803j:plain

長年使っている物なので新品状態とまではいきませんが、なかなかキレイになったのではないかと思います

気になったのは回収した廃液の処理方法

「内部洗浄剤」は「公共下水へ」とありますが、こちらの「ファン洗浄剤」には記載が見当たりません

(スプレー缶の廃棄方法しか書いてありません)

おそらくですが、リンスで中和していると思いますので「公共下水へ」ということなのでしょう

(責任は負えませんが・・・)

自分が無知なだけですが、ちょっと不親切に感じました

良い点:効果は満足のいくものでした。エアコンを使っていれば「カビ・ニオイ」は避けられないものですので、定期的な掃除は必須になります。これが市販の製品で手軽にできるのはいいですね。廃液回収用のビニール袋がついているのも便利です。

悪い点:周りを汚さないように気を使うので「面倒くさい」 と感じる方もいるかもしれません。リンスが少ないのも気になりました。

 「○○冥利に尽きる」・・・もしあなたがエアコンの掃除を頼まれたら

依頼者はその「汚れた廃液」を見て、きっとあなたに感謝することでしょう 

とくに旦那さんはポイントアップのチャンスかもしれませんね

気持ちのいい空気は人間関係もリフレッシュさせます

 

自分でやるのは「面倒くさい、自信がない」という方はプロにやってもらうのが確実ですが「自分でやってみたい」というDIYな方にはオススメな商品だと思います

【送風ファン洗浄編】 その1へ戻る

【冷却フィン洗浄編】 はこちら

プロへお任せしたい方はこちら